コーヒーの話しとメモ

ただの個人的メモ

アメリカンコーヒーとは?

ファミレスではよくあるアメリカンコーヒー。
コメダなどのコーヒーチェーン店でも飲むことができます。
コンビニは昔にミニストップで売っていた程度かな。

そんなアメリカンコーヒーとはいったい?

焙煎が浅い

コーヒー豆を煎る「焙煎」が浅い豆で淹れたコーヒーです。

日本での普通のコーヒーは「深煎り」が多いです。
濃くしっかりとした味のコーヒーが日本人向き。

アメリカはさっぱりしたコーヒーを多く飲む人が多かったので、
焙煎を浅くしたあっさりとしたコーヒー豆で淹れていました。
これが「アメリカンコーヒー」と呼ばれるようになったものです。

味を薄くしたのではない

よくある勘違いとして、薄味に仕上げた、というもの。

淹れ方(豆の量やお湯お量)は全く同じで、ただ豆が薄い味なのです。
薄めて安上りにしたものではないので、料金が安くなることもない。
逆に量が多いから高くなるけど、値段としてはほぼ同じのところが多いです。

ブラックコーヒーが苦手な人は、このアメリカンコーヒーが良いでしょう。
早く飲むことができるので、朝食にも人気です。

おわり

コーヒーコラム一覧へ

コーヒーの話しとメモ


コーヒーの話しとメモ