コーヒーの話しとメモ

ただの個人的メモ

ドルチェグストの特徴とか

2016年11月。
カプセルコーヒーを買う人はまず候補になるだろう。



マシン代

マシンは約1万円だけど、ネスレ公式のカプセル定期購入で無料になる。
買ったらどうせカプセルも買うので、この定期購入がお得だ。

毎日飲む予定の人は定期購入、
来客用などたまに飲む場合は単品買いでいいだろう。

途中解約だと7800円で売ってくれるので、
これが最安値になるかもしれない。
Amazonだと8600円程度だった。

カプセル

カプセルはミルク系が豊富。
なんとなく、女性向けと感じるラインナップだ。

全ラインナップと、一杯あたりの値段。

オリジナルブレンド

約58円

モカブレンド

約58円

リッチブレンド

約58円

カフェオレ

約58円

レギュラーブレンド

約58円

ロースト ブレンド

約58円

レギュラーブレンド カフェインレス

約58円

エスプレッソ インテンソ

約58円

アイスコーヒーブレンド

約58円

宇治抹茶

約61円

カプチーノ

約116円

ラテ マキアート

約116円

ティーラテ

約123円

宇治抹茶ラテ

約123円

チョコチーノ

約123円

ソイラテ

約123円

カプチーノなんかはコンビニと変わらない値段。
普通のコーヒーは安い。
なお、定期便だと10%オフになるので、一杯約53円か。

特徴

次のような特徴がある。

・エスプレッソマシンなので、泡が立つ
これはファミレスで入れるコーヒーと同じ。

・抽出の音がうるさい。
やっぱりこれもファミレスのような。

・タンクの容量が大きい
大勢で飲む場合は強い



レギュラーブレンドでも、苦味とコクが強かった。
コンビニより二回り上の苦さだ。

リッチブレンドなどは苦味は抑えられていて飲みやすい。
最初はまずこのあたりから飲むのが良いだろう。

ただその分、コーヒーの味がしっかりしているので、ミルク系は美味しい。
コンビニのカフェオレよりも美味しく感じた。

普通のコーヒーはあまりおすすめとは言えないが、
ミルク系はおすすめできる。

リンク


ドルチェグスト

おわり

カプセルコーヒーのメモ一覧へ

コーヒーの話しとメモ


コーヒーの話しとメモ