コーヒーの話しとメモ

ただの個人的メモ

コーヒーメーカーが臭くなった時の原因と対策

コーヒーメーカーが臭い

こういったものは「プラスチック臭」なんかが付き物です。
この臭いの対策とか原因とか、適当に語る。

新品の臭い

新品はプラスチック臭や付着物の臭い 部品にはグリスや汚れが付いています。

でも、そんなものはきちんと洗い流しはおらず、 汚い状態で出荷されています。
だから、どのコーヒーメーカーも最初は「洗浄してください」とある。
水洗いで取れるか?取れるわけがない。 と、臭いはなかなか消えません。

プラスチック臭対策

プラスチックを水に漬けるのが対策。

臭いの元は、プラスチックに混ざっている添加剤であることが多いと思う。
それが水に溶けだして、なんか、臭う、と。
添加剤を水に溶かさないといけないので、 浸け置きです。

水を通すのではなく、浸け置き。
汚れを落とすのではなく、溶かす。
これがプラスチック臭の対策です。


経年で臭くなった場合

カビか細菌繁殖、汚れの溜まり、などなど。

パッキンの隙間とか、汚れが溜まりやすいので、外せるのであれば外して洗いましょう。
内部の水が通る部分にカビや細菌が繁殖したら、これはもう大変。
あの子達は一度住み着くとやっかいです。

クエン酸洗浄は水垢の除去になるので、このあたりはほぼ無意味。
完全な対策は分解しての掃除となるけど、もう買い替えでもいいと思う。

こうなった原因は、塩素が無い水が長時間溜まっていたため。
使わないときは内部の乾燥(排水モードとかある)をして保存。
浄水器の水やミネラルウォーターを使っているのであれば、今後は水道水でコーヒーを淹れる。

やっぱり、気持ちよくコーヒーを飲みたい。
臭いは寿命。そう考えて買い換えよう。

こちらにも詳しく書いてあります。
論理的にコーヒーメーカーの臭い対策を力説する


おわり

カプセルコーヒーのメモ一覧へ

コーヒーの話しとメモ


コーヒーの話しとメモ