コーヒーの話しとメモ

ただの個人的メモ

キューリグの特徴とか

2016年11月。
日本ではUCCが販売しています。

キューリグ

マシン代

マシンは約1万円。通販だと7000円程度。
約2万円する「KFEB50J」という品番もありますが、こちらは古い型番と考えてください。
新しいほうを買えばOKです。

ドリップポッドのようにキャンペーンで本体無料みたいなのは無いので、
普通に通販で買いましょう。

カプセル

カプセルは同じUCCのドリップポッドとほぼ同じ。
見事なまでにカプセル名も同じです。

私は持っていないのですが、ホテルやお店で何度か飲んだことがあります。
味はドリップポッドですね。ほぼ。

全ラインナップと、一杯あたりの値段。

名前 値段 個数 一杯あたり
UCC モカブレンドN 1088 12 91
UCC キリマンジァロAA100%N 1088 12 91
UCC ベーシックローストN 1088 12 91
UCC イタリアンローストN 1088 12 91
UCC 深炒クリアテイストN 1088 12 91
UCC 炭焼珈琲N 1088 12 91
UCC 有機栽培珈琲N 1088 12 91
UCC カフェインレスN 1088 12 91
カフェグレコ エスプレッソローストN 1088 12 91
ヒルス ブレンドレッドN 1088 12 91
ヒルス ブレンドゴールドN 1088 12 91
バリブレンド アイスコーヒー 1360 12 113
UCC アイスコーヒー 1231 12 103
UCC ハワイコナブレンドN 1360 12 113
UCC ブルーマウンテンブレンド 1814 12 151
カフェグレコ リッチテイストN 1088 12 91
大和園 玉露入り緑茶 1036 12 86
大和園 シャンピン烏龍茶 1036 12 86
大和園 ジャスミン茶 1036 12 86
リプトン イエローラベル 1036 12 86


ほぼドリップポッドと同じなのに、カプセルは高いです。
海外ではもっと安くて種類も豊富なのですが、日本ではUCCの策略か、高い。
よって、キューリグではなくドリップポッドを買うのが良いと思います。

一応、海外のカプセルで「スタバ」とか、コーヒーチェーン店のカプセルがあったりします。
でも、コーヒー好きからするとこう思う。「スタバねぇ・・・」

特徴

次のような特徴がある。

・抽出の音は静かな方だけど、ややうるさい。
モーターのウィーンという音がします。ドリップポッドの静かさはない。

・排水が簡単。
本体に残っている水をタンクに戻すことができます。
これは便利。

・カプセルはほぼ通販で買うことになる。
家電量販店でも売っているところは少ない。
通販専門と思っておこう。



ドリップポッドに似た味わい=ハンドドリップを再現した味ですね。
味の種類も豊富で良いと思います。
持っていないので全部は飲んだことがないので、あまり語れない。

やはり買うならドリップポッド。

リンク


・キューリグ

おわり

カプセルコーヒーのメモ一覧へ

コーヒーの話しとメモ


コーヒーの話しとメモ