shurui

コーヒーの話しとメモ

ただの個人的メモ

カプセル式コーヒーメーカーの種類とか

2016年11月。
まだまだ少ないということがわかった。

メーカー

メーカーとしては次の3つ。

1、ネスレ
2、UCC
3、キューリグ(でもUCCが販売)

ということで、 ネスレかUCCですね。
どちらも日本を代表するコーヒーメーカー。
スイスのネスレ、日本のUCC。

種類

ネスレ → ドルチェグスト ネスプレッソ
UCC → ドリップポッド キューリグ

シェアNO.1はドルチェグストのようだ。
2位以下は混戦か?

海外でのシェアはキューリグ。
Kカップというカプセルが標準になっており、種類は多い。
でも、日本では少ない。

特徴

簡単にまとめた。

・ドルチェグスト
カプセルはスーパーでも売っている。さすがネスレ。
コーヒーだけでなくカプチーノやソイラテなど、ミルク系に強い。

・ネスプレッソ
エスプレッソ専用のカプセル式コーヒーメーカー。
カプセルは家電量販店か通販でしか見かけない。

・ドリップポッド
コーヒーの種類が豊富。ハンドドリップを追求。
お茶や紅茶もある。

・キューリグ
タンクのお湯を沸かす仕様なので、立ち上がりが遅い。
上位互換がドリップポッドみたいなものなので、買うことはないだろう。


・ドルチェグスト
苦味・コクが強い。エスプレッソ式のため。

・ネスプレッソ
エスプレッソなので想像通り。

・ドリップポッド
喫茶店、コンビニコーヒーの味わい。
万人向け。

・キューリグ
ドリップポッドとほぼ同じ。

リンク

まぁ、こんなもんですね。

公式HP

ドルチェグスト
ネスプレッソ
ドリップポッド
キューリグ

おわり

カプセルコーヒーのメモ一覧へ

コーヒーの話しとメモ


コーヒーの話しとメモ