コーヒーの話しとメモ

ただの個人的メモ

高いコーヒーは美味しいのか?と聞かれたら

「高いコーヒーはおいしいのか?」

ドリップポッドでも2000円とかいう馬鹿みたいなカプセルがありますが、
どうなのか?どうなのか?

高いのは希少価値

基本、そう考えていいです。

美味しいから高いのではなく、 コーヒー豆が希少だから高い(生産量が少ない)。
味の美味しさとは比例していません。 高いコーヒーは癖のある味がすることが多い。
そう高くはないけど、「パナマ・ゲイシャ」なんてコーヒーとは思えない味。

基本は飲みやすい味にするために「ブレンド」をします。
高級=100%のコーヒーとなるのですが、 どうしても個性が強くなる。

ただ、ブルーマウンテンNO.1なんかは個性は少なく、普通に美味しい。
日本人向けな味だと思います。

ちなみに、高級なのは「スペシャルティコーヒー」とか言います。

ドリップポッドの高いカプセルは?

ドリップポッド ブルボンポワントゥ

一杯約2000円のブルボン・ポワントゥ、酸っぱい。


これは強烈な酸味と、余韻に残るほのかなコクと甘さが特徴でした。
こんなコーヒーはなかなか飲むことができません。

でも、美味しいか?と聞かれると、やはり普通のコーヒーの方が好き。
美味しさを求めるのではない。 新しい味を求めて楽しむものです。

おわり

コーヒーコラム一覧へ

コーヒーの話しとメモ


コーヒーの話しとメモ